スキップしてメイン コンテンツに移動

データを失いたくなければ。

iPhone を安全に使うという意識が薄い方が多いようなので、私なりの考え方などを書いてみたいと思います。

先ずは iPhone に限らずスマートフォンを含む小型の電子機器に使用されているメモリーですが、SDメモリーカードなども含めそんなに丈夫なものとは思ってません。
一寸した拍子にデータを失なう事は珍しくないでしょう。
ましてや落下の衝撃とか、水没で壊したらひとたまりもありません。
SDメモリーカードならば取出せますので、何とかデータを取り出せる可能性はありますが、100%では有りません。

良く「iPhoneには大事な子供の写真が」等と言いながら、その大事なデータを iPhone にしか保存していない人は多いですね。
幸運にもデータを失くなう事なく2年経って機種変更しようとして始めて「データは引継げますか?」って、機械なんですから一生同じ本体を使うつもりだったの? って聞きたくなります。
連絡先とか、カレンダーとかも同じ事。
機種変したらとか、壊れたらとかは考え無いのですかね?
データは大事だからこそ、その保護は真面目に考えないといけないのではないでしょうか?

仕事柄データの損失事故は結構経験しています。
その毎にバックアップの必要性とありがたみを実感します。
スーパコンピューターに使用されている、高性能なデータ保護機能を備えたハードディスクでさえデータが飛んだ経験をしています。
ましてやせいぜい10万円やそこらの価格の記憶装置の信頼性なんてたかが知れていると思いませんか?
ですから大事なデータは2ヶ所以上の場所に保管する事が必要です。

その手法として基本となるのが、バックアップと同期です。
この2つの異いを理解していない人も多いですね。

さて、先ずはバックアップの話から。
iPhone のバックアップはちょっと特殊です。
iPhone の中味をひと塊としてしか扱えません。
写真だけ取り出すとかは出来ない仕組みです。
これは私の想像でしかありませんが、著作権の保護を考えての処置かなと思っています。
音楽等を勝手に取り出して違法コピー出来ない仕組みになってますね。
で、バックアップはパソコン無しでも出来る iCloud でのバックアップとパソコンの iTunes を使用する2つの方法があります。
基本は一緒です。
始めてバックアップする時は全てのデータをコピーしますから、それなりの時間が掛かりますが、2回目からは変化の有ったデータだけをコピーしますから、時間はかなり短縮されます。
また iOS やアプリは、バックアップの対象外です。
iCloud では復元時に App Store からダウンロードされますので、必ず最新バーションが復元され、App Store から削除されたアプリは復元出来なくなります。
iTunes の場合は、iTunes に保存されているアプリを復元します。その為に既に App Store から削除されているアプリでも復元可能です。
ただし、事前に iTunes にアプリを保存しておかなくてはいけません。
以前は同期をすれば iPhone でダウンロードしたアプリも自動的に iTunes にコピーされたのですが、最近はしてくれません。理由は不明です。
iTunes  内でも App Store からダウンロードしておくか、iPhone を繋いだ時に iPhone のアイコンから右クリックで「iPhone で購入したものをパソコンにコピー」しておく必要があります。
ちょっと面倒ですよね。

で、バックアップは何時やるべきか、またどの程度の頻度で行うべきかって事ですが、これは基本的には「毎日行う」べきです。
何時機種変するかは自分に選択肢がありますが、何時壊れるかは誰にも分かりません。
極論すれば、バックアップしようとした瞬間に壊れることもあります。
これはパソコンでもマイクロソフトのエクセルとかワードでのあるある話で、セーブしようと思った時に固まったり落ちたりしますよね。

で、実際問題として、あなたは毎日 iTunes に繋いでバックアップを作る自信がありますか?
少なくとも私にはとても出来ません。
アップルのエンジニアも私と同じ考えの様です。
Mac では1時間毎に自動的にバックアップを行なってくれます。
iPhone(iOS)では、Wi-Fi に接続されていること、電源に接続されていること、スリープ状態であることの3つの条件をクリアすると、1日に一回 iCloud で自動的にバックアップできる様になっています。
簡単に言えば、自宅に Wi-Fi があれば、寝るときに充電をしていれば、朝起きた時には勝手にバックアップが作成されているって事です。
これはかなりありがたい話だと私は思っています。
えっ?  寝てる間中充電しっぱなしなんてバッテリーがダメになるじゃないかって思った方はこの話を読んでくださいね。
私はその上で、何らかのイベント(iOS のメジャーバージョンアップなど)時にはパソコンでもバックアップしています。

iCloud と iTunes のバックアップの違いについては誤解されている方が多い様です。
詳しくはこちらに書きましたが、基本的には同じと考えてください。(大きな違いは最初の方に書きましたけど)

さて、そのバックアップでバックアップされない項目があります。
それは iCloud と同期しているものです。
具体的には iCloud フォトライブラリーとか、連絡先、カレンダー、メモなど、の設定で iCloud を使用している APP の項目がオンになっているものです。
同期しているとバックアップしても意味がないからです。

この iCloud は iOS5(iPhone 4s)から導入されたものですが、それ以前に iPhone(確か初代からではなく3G発売時からだったはず)用に「.MAC」という有料のWebサービスをバージョンアップしたやはり有料の「Mobile Me」というサービスから同期のサービスが始まりました。
私はパソコン(Mac)用の「.MAC」から使っているので最初の iPhone 3G から連絡先などは Mac の連絡先をそのまま使えていました。

これは iCloud を全ての機器のデータセンターにするという、当初 Mac を全てのデータのセンターとする「デジタルハブ構想」をネット時代に適合させたものです。
データセンターの記憶装置は市販のハードディスクとは比較にならない高信頼性のものを使用し、さらに当然バックアップも常時行なっています。
それは Google やその他のクラウドサービスも同じです。
今はそれらを無料から、かなりの低価格で利用できる環境になっています。

で、そのデータセンターにデータを預け、各機器はそこと同期して利用しようと言う事です。
前記した様に iPhone などの機器のデータは何時飛ぶか分かりません。
ですから iPhone で作成したデータなどは、できるだけ速やかにデータセンターにコピーしてしまい、万が一の場合でもデータはデータセンターに保存されているって寸法です。
これが時々勘違いされて、二台の iPhone を持っているが、両方に同じ写真があるので古い方から削除したら、もう一方の iPhone からも写真が勝手に消えてしまった。なんて話になるのです。
データセンターが中心となっていますから、iPhone からデータを消すと言うことは、データセンターのデータも不要と言う話です。
ですからデータセンターからもデータが消されます。
で、データセンターからデータが消されたと言うことは、他の iPhone でもデータが不要と言うことですからデータを消してくれます。
つまり、システムから見れば「勝手に消した」のではなく「消してくれと指示されたから、不要なデータを消した」までの話です。
けっして「勝手に消した」わけではありません。所有者の消せとの命令に従ったまでの話です。
写真はデータ量が多いので Wi-Fi 接続時にしか同期しませんが、その他のデータはほぼリアルタイムで同期します。
名刺交換ならぬ、メアド交換してその場で連絡先に登録していれば、別れた直後に落としたり、盗まれたりしても既にデータセンターにデータが登録されていますから、安心って事です。

ただし、iPhone の場合、バックアップにしろ同期にしろ、操作ミスでデータを消した時の保険にはなりません。
ですから、大事なデータは二ヶ所目の場所に適時コピーしておくのがより安全です。

こちらも Google の G-Drive などのクラウドサービスが利用できます。
クラウドサービスは前記した様に家庭用の記憶装置などに比べはるかに安全です。

クラウドサービスと聞くと、データ流出事件などを思い浮かべて「危険じゃないのか?」という方も多いでしょう。
しかし私はむしろ家庭用のパソコンなどに比べてはるかに安全だと思っています。
家庭用のパソコンだって、マルウェア(ウイルスなど)でデータを破壊されたり、流出されたりする危険性はあります。
それより、データセンターで専任のエンジニアが監視して、保護されている方がよほど安全だと思います。
流出事件のほとんどは『安易なIDとパスワード』の利用によるものです。
特にパスワードの使い回しなどで、他のシステムを破ったついでにって事が多いと言うか、有名人のプライベート写真の流出などは、ほとんどその様なケースでしょう。
ツイッターなどからIDやパスワードが推測されている様ですね。

で、昔と違って今は「パスワードはきちんとメモする」のが基本です。
パスワードをメモするなんてとんでもない! 絶対にダメ💢 って言われている方も多いのでは?
でもパスワードの使い回しもダメって言われていますよね?
昔は覚えなきゃいけないパスワードなんて10個もなかったから、メモはダメって話が通用しました。
でもあなたが今必要としているパスワードの数っていくつぐらいありますか?

スマホのパスコードに、キャッシュカードの暗証番号。
自宅のパソコンに、会社のパソコン、スマートフォン、下手すりゃマンションの暗証番号に、会社の事務所もパスコードが必要だったり・・・

10や20は当たり前ですよね?
その上パスワードは3ヶ月に1回変えましょう。。6回前までのパスワードは再利用できません。なんて会社も未だにあります。(個人的には最大24回は再利用不可って会社さんがありました)
そんなこと言われてまともに違うパスワードをメモもせずに使ったら・・・・
中学生の時の元素周期律表の丸暗記じゃあるまいに、忘れるなって方が無理。
絶対に無理、むり、ムリ。

ちゃんとメモして、そのメモを他人に見られない様、ちゃんと鍵のかかる場所に保管ってのが今時の基本。
ついでに言うと、パスワードの強制変更も却ってセキュリティーが甘くなる恐れがあります。
結局忘れない様にメモしてその辺に置いてあったりしちゃうから。
会社の担当者さん聞いてます?

って事で、今日はこの辺の話まで。
ってそれにしてはかなりの量だな。
読むの大変そう(笑)

コメント

このブログの人気の投稿

iPhone を日常使う上での注意(ちょっとした不具合を解消するには)

先日はバックアップの重要性について書きましたが、今日は日常の注意を書いて見たいと思います。
まずは充電の方法から。 皆さん、充電時にはどんなことに注意していますか?
充電は、できるだけバッテリーを使い切るぐらいまで行わず、できれば80〜90%で終了させましょう・・・・なんてやっていませんか?
以前にも充電について書きましたが、基本的には「気にする事は無い!」です。
好きな時に充電をし、好きな時に終えれば良いです。
上記の注意は「ニッケル系」のバッテリー、つまり市販の単三型などの充電式バッテリーについての注意です。昔はニッケルカドミウム、今ではニッケル水素のバッテリーですね。
これは、時々リフレッシュさせる必要があります(昔の人工衛星も年に2回ほどリフレッシュ運用というものを行っていました)。
しかし、現在携帯電話に使用しているリチウムイオン系のバッテリーでは其の様な事は必要ありません。
と言うより、ニッケル系の様なリフレッシュ運用はかえってバッテリーの寿命を縮める(充放電回数を無意味に増やす)だけです。
バッテリー一般の注意である、充電中に熱を持たない様に注意する(寝る時に布団や枕に覆われた状態で充電するなど)こと、電子機器一般の注意である日向や暖房機の前に放置しない、などを守れば十分です。
何故かは良く分かりませんが、昔の iOS では充電時のマークが、稲妻マーク(充電中)とプラグマーク(充電器に接続されているが充電はされていない:充電は終了している)に分かれていました。
今は同じ稲妻マークだけですが、ひょっとしたらプラグマークになるとあわてて充電器から外そうとする人がいるのを懸念しての仕様変更かもしれません。
基本的に「充電器に接続されている」「Wi-Fi に接続されている」「スリープ状態にある」という三つの条件を満たしていれば、1日に一回「iCloud による自動バックアップ」が実行されます。
一番条件の揃いやすいのは就寝時ですよね?
つまり少なくとも寝る前に充電を開始して、朝まで放置しましょうというのがアップルの考え方。その間にバックアップしておきますよという事ですね。

さてその寝る前にあなたは何かしていますか? 私はほぼ毎日、寝る前には動作しているアプリを全て終了させています。
「何のため?」それは
「メモリを解放するため」です。 メモリを解放するアプリ…

Apple ID の変更方法

2017/06/10 :追記

Apple ID の変更方法が変更されました。
以下の最新情報をご確認下さい。

アップルIDの変更

Apple ID をキャリアのメールアドレスなどで作成し、その後にキャリアのメールアドレスを変更してしまい、困っている方が多い様です。
皆さん Apple ID に利用しているメールアドレスを変更すれば、iPhone に使用している Apple ID のメールアドレスも自動的に変更されるものと、勘違いしている様に思います。

また、Apple ID はキャリアのものと勘違いしているのか、キャリアを変更したのだから、Apple ID もそのまま、次のキャリアメールのアドレスになると思っている方も、おられるようです。

Apple ID はあくまでもAppleが発行するIDです。
キャリアとは無関係で、キャリアにそのIDに関する情報が渡ることもありませんし、キャリアの情報がAppleに渡ることもありません。

IDに使用するメールアドレスを変更したいのであれば、自分でAppleのウェブサイトで手続きする必要があります。

https://appleid.apple.com/ja_JP

にアクセスすると、「Apple ID を管理」というボタンがあります。
そこで、現在の(あるいは勝手に変更してしまう以前の)メールアドレスでログインし、手続きをします。
ここで、新しく利用したいメールアドレスを追加すると、本人確認のメールがそのメールに届くので、メールに記載されているURLにアクセスすると、承認されます。
メールアドレスが承認されると、そのメールアドレスをIDに登録し直せます。

最終的にIDのメールアドレス変更直前に、iPhone(該当 iOS 機器やMac 全て)の iCloud と iTunes & App Store から一度ログアウトしてください。
その際に、iPhone にデータを残す必要はありません。
新しいメールアドレスの ID でログインすればまた同期されてデータが戻ります。
残してしまうと、再同期の際に間違ってマージしてしまい、データが二重登録される可能性があります。
もっとも再同期の際に間違えて、iPhone の(何もない)データで、iCloud を上書きすると、全てのデータが失われるので、それよりはマシですけど。

なお、使用…

同期とバックアップ

どうも iPhone や iPod Touch 、 iPad などで iTunes や iCloud との同期設定をきちんと行わず、バックアップなども行っていない方が多く居られる様です。
また、同期やバックアップすると、メールの設定や連絡先などのデータが無くなる、とかいうデマに振り回され、怖がっている方も多い様です。
そこで出来るだけ簡単に、その必要性とやり方を、書いておこうと思います。


まずバックアップの必要性。 これは何も言う事は無いはずです。
万が一 iPhone が故障したり、紛失したりした場合、このバックアップが無いと、全てのデータを失います。
バックアップが有れば、新しい iPhone でも、バックアップ時点の状態に戻せます。
バージョンアップ時も同じですし、新型への機種変の時も同じです。
バックアップが無ければ、初期状態から設定し直さなければいけません。
しかしバックアップを取った後に、受信したMMSメールや写真は、失います。
なので、出来るだけこまめにバックアップをする必要があります。
理想的には毎日行うことです。

次に同期。CDから iTunes に入れた音楽、逆に iPhone で購入した音楽、アプリなどは同期作業によって iPhone に入れたり iTunes にバックアップしたりします。
写真や動画なども同じです。
好きなものを持ち歩いたりするのであれば、同期は必要ですね。
同期の作業は、その始めのステップとして、バックアップを行いますから、バックアップのためにも、必要な作業となります。


現在は iCloud のサービスもあり、同期も重要項目です。
同期とは二つ以上のものを、同じ状態に保つ作業です。
現在の iPhone であれば、iCloud をその同期の中心にし、個々の機械(パソコンや iPhone )が同期を取ります。

iCloud は常に最新の状態が保たれます。
必要であれば、パソコンから iCloud のウェブサイトにアクセスして、利用することもできます。
しかしなぜか、iOS 機器からは、通常の iCloud のウェブ利用はできません。

連絡先などは、iCloud を利用する事で、グループ分けなどが簡単に出来ます。
こちらもなぜか iOS 上では、グループ分けの作業は出来ないのですが、iCloud で行ったグループ分けは利用出来ます。
ウェブサイト上で…