スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2015の投稿を表示しています

グーグル・ハングアウト(Google Hangout)ってかなり便利かも(電話篇)

先日はビデオ篇を書いたので、今日は「スッピンじゃビデオ会議なんて出たくない!」って人のために、電話篇を。

基本は全く同じです。

このハングアウトのチャット履歴から、話し相手を選択して、
右上の縦に点が3つ並んだところをクリックすれば、


こんな感じで、音声通話の受話器マークや、ビデオマークが表示されるので、受話器マークをタップして通話呼び出し開始。
で、相手が出たら、自分の顔が映ります。 えっ? ビデオになっちゃった! と驚かないでくださいね。 映るのは自分の顔だけ、相手も自分の顔だけが写っていて、相手の顔は映りません。 全くビデオの時と同じですが、相手の顔だけ見えません。 iMessage 同様、通話のみからいつでもビデオに移行できるんですね。 ビデオ同様に相手を追加できるので、最大10人のパーティーが開けます。 で、iPhone のマイクとスピーカーはなかなか良く出来ているので、机に置いたまま数人が喋ってもちゃんと声を拾いますし、聞く時もそこそこ離れた場所でもちゃんと聞き取れます。
この辺りは昔のやたら小さいSONY携帯の Premini-s  のマイク・スピーカーが優秀で、運転中ジーパンのポケットに入れた携帯に着信したのを取り出そうとして、受話ボタンを押したら、ポケットの中に入れたまま普通に会話できてしまったのと良い勝負。 それも相手に一切気付かれずです。 こんな携帯です。 可愛いでしょ? 今またこのデザインで売り出されたら、ガラケーに機種変しちゃいそうです。
メールは意外とちゃんと打てますが、老眼だとメガネ無しで読めないのが欠点です。(笑)

閑話休題。
少なくとも HangOut が iMessage  より優れているのが、この多人数で利用できる点ですね。
ぜひ試してみて欲しい機能です。

グーグル・ハングアウト(Google Hangout)ってかなり便利かも(ビデオ篇)

グーグルと言えば、iOS の仇(笑)と言われそうな Android のOSメーカーでもあります。
しかし、何故かこのハングアウトに関しては、iOS 用のアプリの方が、Andoroid 用より一歩先んじているような気が。
というのが今日のお題・・・ではなく、iMessage の天敵 弱点をカバーした機能を持つ優れものかもと言うお話を。

前回の iMessage で、通話アプリとして、ビデオ機能無しで使えばスッピンでも大丈夫ってお話をしました。
で、その弱点が相手がアップル製品であることが必須であることと、せっかくなのだから、複数人でも利用可能にならないかという話でした。
で、その弱点をカバーし
ているのがハングアウトじゃないかなと言う事まで書いたのですが、やはりどうしても実験をしたくなり、一人芝居で3人でのビデオ会議を行ってみました。
で、見えてきたのが iMessage 以上の期待の星ということです。
残念なのは、今は(特に日本では)LINEが主流ということ。チャットのスタンプのデザインとその種類の多さは突き抜けていますからね。
通話とかも安い上にドコモ以外へは番号通知もしてくれます。
となると、LINEでいいじゃんって感じですけど(笑)。

携帯電話への通話料が若干安いんですね。
それと、個人の代表電話を作れるのが Google Voice なんですが、これが使い方によっては便利です。
特に個人で事業を行っている方とか、小さな会社の方にとっては一つの電話番号で、会社や自宅の固定電話でも携帯電話でも同じ電話番号で使えてしまいます。
まっ、日本で使うには大きな障害がありますが、これは別途書きますね。

今回は複数人でのチャット(電話会議やビデオ会議)の話に絞ります。
App Store から Google Hangout をダンロードし、起動したら G-Mail のメールアドレスでログインします。
で、連絡先を開けば、こんな感じですね。

あるいは、検索をして、

で、ここで「なおさん」を選択して、
「ビデオハングアウト」を選択すれば、相手を呼び出してくれます。
今回はパソコン(Mac)で受けています。
呼び出している方は、
iPhone こんな感じで、呼び出されている方は・・・ すみません、スクリーンショットを撮り忘れました(笑)。
でも見れば直ぐにわかると思います。

で、ビデオ通話中はこんな感じです。
ちょっと見にくいかも…

Face Time で顔を見られるのは嫌!

今日知人の女性に「Face Time ? ビデオでしょ? スッピンじゃ嫌だな」って言われてしまいました。確かに女性の方ならそうですよね。
「サザエさん」に、恩師に電話して、慌てて風呂から飛び出した恩師に向かって「電話口の先生のお姿が目に浮かびますわ」って言った途端、電話を切られて「なんでだろう?」と首をひねる話が有りましたけど、頷ける話ですよね。
長谷川町子さんは、将来のビデオ電話の問題点を見抜いていたのかも。

って事で、今回はそのお話。
実は Face Time にはビデオ通話と、音声のみの電話の様な通話が在ります。
で、何も考えずに呼び出すと、ビデオの方で掛けてしまいますが、ちゃんと音声だけの通話も出来るんですよ。
Face Time を開くとこんな感じの画面です。





ちゃんと「ビデオ」と「オーディオ」がありますね。
受話器のマークも見えてます。
これで呼び出せば、音声のみの電話(電話と言うと法律で定められた要件を満たしている必要があるので、本当の電話ではありませんが)での呼び出しになります。
連絡先から開いた時は、ビデオのマークではなく、受話器のマークをタップすれば大丈夫。
これで呼び出しを始めれば・・・・


相手の方はこんな感じで呼び出されます。 拒否したり、(職場なので 電車の中などで)声を出せないけど、チャット(メッセージ)ならば可能と言う選択肢もありますね。 で、電話で話を始めて、お互いビデオでもOKとなれば、途中からビデオ通話に切り替え可能です。 ビデオ通話を開始してしまうと、音声だけの通話に戻れないのが残念ですし、ビデオで呼び出されたのに電話だけの受信で受けるという事が出来ないのが残念です。 ですが、呼び出す方として、必ず電話で呼び出せば、ビデオにも切り替える事が可能なので便利なはずです。 また、ビデオは動画を送るので、回線が混んでいたりすると、品質が悪化しますが、音声だけですと、通信するデータはぐっと少なくなるので、混みあった回線でも、あまり問題なく通話出来ます。 毎月のパケット量を気にする人でも、問題ないでしょう。 通話中のスクリーンショットが取れていない(スクリーンショットを取ろうとしてもホーム画面に戻ってします)のですが、画面にはビデオのマークが表示されるので、ビデオ通話への移行は簡単です。 またビデオ通話でもカメラの切り替えは可能ですから、現物を見せながら話すことが可能です。
買い…

Apple ID に関するお詫びと新情報

実はこのブログで間違ったことを書いていしまいましたので、まずはお詫びを。 それは Apple ID の複数取得に関する話で、複数ID の取得はアップルの規約違反と書いてしまっていた事です。 別件でそのことを指摘されまして、再度アップルに確認したところ、「トラブルの元なので推奨はしておりませんが、違反ではありません」との回答を頂きました。
間違った情報を流し誠に申し訳ございませんでした。
で、これに絡んだ話で新情報がありますが、先ずは私のアップルIDの状態がどうなっているかをお話ししないと、理解しにくい話になっています。 私がアップルIDを取得したのは、確か2002年のMac.comのサービスが開始された当初です。
まだ Mac OSも OS-X 10.1 の時代で、iPhone などは影も形もない時代です。
インタネットプロバイダーのメールアドレスを使わないと信用が低く、フリーのメールアドレスだと登録できないサイトなどもある頃ですね。
プロバイダーに縛られないメールアドレスが欲しいものの、信用度の低いメールアドレスではという時でしたので、有料のサービスでしたが、プロバイダーを乗り換えても使い続けられるメール欲しさに契約しました。
で、その時のIDが「なおさん(仮名)」です。
で、メールアドレスが「なおさん@mac.com
「あれっ?」って思いませんでしたか?
そうなんです。IDがメールアドレスじゃないんです。

そして2008年、iPhone 3G の販売に合わせ、Mac.comのサービスはMobile Me のサービスへと移行します。 ですから、日本の iPhone ユーザは最初から Mobile Me との同期により、Mac との連携が出来た訳です。
今まで Mac で管理していた連絡先がそのまま丸ごと iPhone の電話帳として利用できてしまう訳です。
ガラケーの電話帳も、SD カードに vCard 形式で書き出すことで、Mac の連絡先に取り込め、そのまま iPhone の連絡先に自動的に入ってきます。
そして、カレンダーなども自宅の Mac、に会社の Windows、そして iPhone と全てが自動で同期されています。

で、いよいよ2011年。 iPhone 4s(iOS5)のリリースです。 これに伴い有料の Mobile Me は無料の iClo…

D.I.Y

今日はDIYによる車の修理の話。

実は少し前に車をぶつけてしまいました。
と言っても娘が久々に車を借りたいと言って来て、私達がいない時に車を借りに来ました。それは良いのですが、車を取りに来て、自宅に戻る予定の時間ぐらいに iMessage に写メが入って・・・


ゲッ!
写真で縦に入っている線は明らかにここでいったん止まったことを示していますが、娘いわく(状況を見て、バックするよりそのまま前に出た方が良いと思った)。
そんな訳ないだろうが。なぜバックせん。と思っても後の祭り。
また写真ではわかりませんが、一部は完全に下地が見えています。

ちなみに、ぶつかったのはここ。

一生懸命洗ってもタイヤの後は消えませんでした。
フェンダーの擦った跡も少し残っていますね。

で、先日から少しずつパテ盛りしたり、下地処理したり。
とはいえ、やはり素人の作業。なかなか平らに仕上がりません。
3m離れれば気にならない程度でまぁ、良しとしましょう。って感じで、こんな状態。


写真だときれいに見えますけど、肉眼だと・・・ 3mでも光の具合によってはヨレてるのが判ってしまいますね。
でもこのぐらいが限度かな?
で、ボディーの色ならカーショップでほとんど間に合いますが、プラスチックのオーバーフェンダーの色は売ってないんですね。
これは困ったと、馴染みの修理屋さんに板金屋さんを紹介して貰うかと行ってみたら、調色してスプレー缶に詰めてくれるお店を紹介してくれました。
ネットでお店を確認して電話で相談。上手い具合に娘の家の近くだったので、バンパーにある、ヘッドライトウォッシャーのノズルの蓋を色見本ように取り外し、娘に渡してお店に持って行ってもらいました。
で、スプレーを4本分作ってもらって9千円ほど。塗料の最低が0.5Lからで、スプレーも1本から作ってくれますが、最低の0.5Lで4本出来るという事で、数年は保管できるという事から思い切って4本全部作って貰いました。
今日はあまり天気が良くなかったのですが、来週遠出する前に直しておきたいという事で、塗装してみました。
目立つ様なら、また今度やり直せばいいやと気楽に構えて塗ってみました。


まずはマスキング。
光の具合で、下地処理の雑さがわかりますね(汗)。
で塗ってみたところ。。。

ちょっと歪んで見えるのは写り込んだ影のせい。
そこそこ、きれいに仕上がりまし…