スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

コジマ電気のお客様対応の態度

実はだいぶ前から書こうか迷っている話題があります。
しかしやはり、ひとまずお店の名前は伏せた形で書いておこうと思い、書きます。

それはそのお店コジマ電気のポイントカードに関するものです。
で、トラブルそのものも問題ですが、その後のお店(店長)と本社の対応が酷い。
最終的に、本社のお客様相談室に質問状を出しました。
さすがに内容証明付きで出すのもなんだったので、書き留めにして出したのですが・・・7月20日すぎに出したものの、未だになしのつぶて。
よっぽどその内容を公開して欲しいのかと思ってしまいます。

で、その内容を地名と店舗名を伏せただけで、そのまま記載してみようと思います。
怒りがこみ上げてきて余計なことを書いてもいけませんからね。
下書きをパソコンで行っていますのでそれを丸ごとコピーします。
先ずは、以下がその内容です。

--- ここから ---

○○○コジマ電気お客様相談窓ロご担当者様
個人情報保護担当責任者様2015年7月XX日先日の7月5日に、○○○コジマ電気△△店におきまして、○○○コジマカードの記載事項のトラブルが、発覚致しました。その際の説明と対応に疑問がありますので、質問させて頂きます。是非文書、書面での回答をお願い致します。先ず、経緯を記します。
1.古いアナログTVの処理のため、TVを○○○コジマ電気△△店に持ち込む。
2.処理のため、住所氏名を用紙に記入。
3.ポイントは付かないものの、カードに利用記録を記載できるので、○○○コジマカードがあれば、と言われ、カードを渡す。
4.カード記載の住所氏名が、用紙に記載の住所氏名と違うと言われる。
5.カードを作成した店舗と、時期を確認されるが、記憶が定かでなく、「川崎から、世田谷へ引越し後に△△店で作成した気がする。
しかし、 引越し以前に作成したとすれば、×××店で作成、その後住所変更をしたはず」と答えた。6.住所が川崎ならば、×××と言ったが、×××ではないとの答え。
その時に表示画面が見え、電話番号だけは確認できたが、古い、×××に住んでいた時の電話番号であった。
その時は、状況がよく把握できず、最終的に店長が対応し、調査して連絡することを約束。
7.7月10日 20時08分から 37分間、店から電話で調査結果を聞く。
8.カードは×××店で作成され、その時点では私の名前と×××の住所、電話番…

LINE の乗換(その顛末記)

さてさて、先日上手く行かなかったというLINE の話の続きを。
iOS 9.01 も リリースされたことですので、妻の iPhone 6 もバージョンアップすることにしました。
で、ついでなので、先日上手く行かなかった2台の iPhone で LINE を使用出来るようにする方法のリベンジを。

先ずは 6 のバックアップを作成。これはパソコン(古めの Mac Book Pro)の iTunes で作成。
で、念のため電源を切って、SIM を取り出し、iPhone 4s へサイズ変換アダプターをかませてセット。
iPhone 4s を iTunes に繋いで、今しがた作成したバックアップから復元。
全てを復元するのに少し時間がかかりましたが、無事復元完了。
LINE を起動したところ、作業中に子供からの LINE が入っていたのが無事確認できました。ついでにそのまま返信も(勿論妻がです)。
勿論今まで6でやっていたチャットも全て残っています。
で、このままでは6と4の iPhone の名前が同じになってしまい、管理上好ましくないので、4sの「設定」「一般」「情報」で iPhone の名前を変えておきます。
その後、念のため4sにセットした SIMを抜き、6に戻し電源を入れます。

6で、LINE を起動したところ、4sで返信した内容もそのまま6で表示されています。
ここでやっと、6のバージョンアップ。
さらに4sもバージョンアップ。

これで2台で同じ LINE を利用できるようになりました。
妻の6は常時サイレントモードなので、着信に気がつかないこともあるのですが、自宅では4sが着信音を鳴らしてくれるので、気が付き易くなります。
でも子供に言わせると、妻がいない時でも着信音が鳴るのでうるさいと(笑)。
私の古い iPhone と私の古い iPhone の2台が、留守であっても共に着信音を鳴らしていますからね。

これで、今までのチャットの履歴を継承しつつ、新旧2台の iPhone で LINE が利用出来るのが実証できました。
良かった。

2016/3/6 追記:
iPhone の故障による LINE の履歴引き継ぎの実例が発生しましたのでそのご報告。
以下のリンクを参照してくださいね。
http://snow-digital.blogspot.jp/2016/03/line-…

LINE の乗換

LINE でトラブっている方は多い様です。
今まで我が家では全員、iPhone から iPhone への移行で問題無くLINEを利用しています。 また、新旧両方の iPhone で利用出来ています。 やった事と言えば、電話番号を登録しただけ。 何で皆さんトラブっているのか、理解出来ないでいました。
が、しかし我が家でもトラブル発生! 😱 今までの履歴が全て消滅(泣)。
が、おかげで何故トラブってしまったのか、何故今まで問題無く利用出来てたのか、今後どの様な対策を立てるべきか、そんな事が見えて来ました。 そこで皆さんにもその経過や、対策などを紹介して行こうと思います。
事の発端は、子供からの写真が LINE 経由で送られてきた事。 これを妻が、画面の大きな iPad のLINEで見たいと、iPad の設定をしました。 「パスワードは何だっけ?」「確認のPINコードが携帯に来るよ」などと言いながら設定。 無事設定され、トーク履歴もそのまま iPad で見れました。 iPhone の画面がそのまま大きくなって表示されます。 こりゃ老眼鏡無しでも見えるねーと思いながら、めでたしめでたしとなった様に思っていたのですが。。。
暫しののち、妻の叫びが・・・ 「iPhone から、LINEの中身が消えた!」
確認したら、確かに全て消されて、ログアウトさせられた状態に。 「こりゃいかん」と、再度 iPhone で、LINE にログイン。 この時点では余り危機感は感じてませんでした。 で、ログインしたら、確かに使える様にはなったのですが、トーク履歴が全て消されてしまいました。 で、LINE のウェブサイトで確認したのですが、基本的にスマホ1台とパソコン1台だけが使え、通常トーク履歴も引き継げない様です。 となると、何故 iPad にトーク履歴が引き継げたのか、謎ですね。 勿論妻の古い iPhone も、ログアウトしてしまい、履歴も消えてます。
しかし私も、子供も古い iPhone でも新しい iPhone でも、同じ様に LINE が使えますし、自分が送信したものを含め、全ての履歴が同期しています。 何故?
で、考えるに、古い iPhone から、全てを引き継ぐため、バックアップと復元を行っています。 しかも私の古い iPhone は色々実験をした関係で、その後に初期化してますが、最後…

これ、何で作られてる?

なんか、この頃さぼりがちですが、面白い物を見つけたので。


アップにすると、

魚を呑み込むワニ。 隣には亀も。
で、此れがパンで出来てます。 信州は、追分宿にある小さなパン屋さんで見つけました。 ドイツパンのお店で、普段食べているパンよりもどっしりした食べ応えのある、美味しいパンでした。

新型 iPhone ?

さてと久々に iPhone の話題を(笑)。来週にはアップルから何かが発表される事だけは確実になりましたね。 まぁ、間違いなく次期 iPhone が発表されるでしょう。 で、6月の WWDC から以降は iPhone に関わる色々な噂などが飛び交いますが、同時に増えるのは、色々な質問。 中でも新型が良いか、旧型がとかの質問。 そこで今日はそんな事を考えてみたいと思います。
次期 iPhone は、初代から数えて、9世代目。かなり進歩しましたね。 まずは、過去の大きな話題を振り返ってみましょう。
初代。これは世界標準のGSMにしか対応していませんでした。その為、世界非標準の日本の第二世代の通信方式では利用できませんでした。
二代目。翌年発表された iPhone 3G は、日本でも採用されている第三世代の通信方式も取り入れたので、3G の名称となりました。 これで日本でも利用可能となり、ソフトバンクから発売されました。 この当時、携帯メールとして日本は各キャリア独自のシステム(一応キャリア間での通信と、インターネットメール(Eメール)とも通信可能)だったため、ソフトバンクは直ぐに対応出来ず、仕方ないのでEメールの「@isoftbank.jp」のアドレスを作り、携帯メール扱いのドメインとしていました。
三代目。 此処までは、基本デザインが同じ。 特に 3G と、3Gs は、シロウトには見分けが付きません。 この時に最後の s の意味に、CPU が、高速化されているから s との説明が有りました。 また、iOS も iPhone の世代と共にバージョンアップされています。 然しなんとコピー&ペーストが利用できるようになったのは、この三世代目から。 また、アップル純正の電話や iPod 機能(現 ミュージック)以外のアプリはマルチタスクではなく、他のアプリに切り換えるとアプリは終了してしまいました。 なのでタスクの切り替え機能も無し。
そして四代目。iPhone 4 此処で初めてデザインの大幅な見直しが有りました。 液晶面周りの色が、本体と同色になり、ホワイトモデルの枠はホワイトに。 それまでは液晶面は本体がホワイトでも関係なく黒。 私は枠は黒の方が見易く感じます。 また、世代とiPhoneの数字が一致しましたね。 デザインの変更により、非常識な本体周りにアンテナが露出すると言うデザインが問題になりました。 「デスグ…